あなたは何を食べさせてますか? 犬猫の栄養学 愛犬、愛猫に普段からどんなフードを食べさせるのか。ペットの健康寿命を延ばしたいと思うとき、食事は大きな要素となります。最近では手作り食に挑戦する飼い主さんもいますが、そもそもペットの食事はどうあるべきなのでしょうか?帝京科学大学生命環境学部で小動物栄養学を専門に研究する大辻一也教授にお話を伺いました。 ペットのごはんのスペシャリスト!大辻和也先生に聞く

市販されている一般的なペットフードは「総合栄養食」といわれ、ほとんどが AAFCO(米国飼料検査官協会)の栄養基準を満たしています。これを食べていればまず間違いなく、栄養障害を起こすことなく過ごせるでしょう。

ペットフードには販売価格や食いつきに差がありますが、そこに各社のノウハウが詰まっています。相対的に高価なフードは、安全性のチェックや効果を検証するための臨床研究に投資をしているケースが多く見られます。また、植物性たんぱく質を使えば相対的に安価にできるなど、原材料によっても差が出ます。
ただ植物性たんぱく質は、動物性たんぱく質に比べると吸収率がよくない。価格と原材料の関係性は、飼い主が冷静に判断してあげる必要がありますね。

ペットフード イメージ
イヌ イメージ

食いつきは、フードにかける「フレーバー」によっても変わってきます。各社がしのぎを削っている部分で、極秘のノウハウがあるようです。

ペットフードの中には、動物病院で病気の治療を目的に、獣医師によって処方される特別療法食があります。こちらは独自の研究施設を持つ限られた会社が開発、販売を行っています。病気ごとに特定の栄養を与えるために作られていますから、栄養バランスは偏っています。獣医師の指導のもと、期間や量を決めて食べさせましょう。

近年、市販のフードに飽きたらず、ぺットの食事を手作りする飼い主も増えてきています。飼い主のぺットへの愛情表現の一つであり、ぺットとの暮らしを楽しむ大きな要素になることは間違いありません。ただ、栄養バランスに気をつける必要があります。

人間もずっと手作り食を食べているわけですが、様々なものを食べることでトータルとして栄養バランスが取れます。偏食を戒めるのはそのためですね。一方でペットの手作り食の場合は、どうしてもバリエーションが限られ、トータルでも栄養バランスを確保するのが難しい。

イヌ イメージ

手作り食に挑戦する場合は週に1、2日程度にとどめ、それ以外の日には総合栄養食であるペットフードをあげるようにしましょう。そのほうが飼い主も負担感なく、手作りを続けられると思います。

動物病院で、栄養指導をする獣医師が増えてきています。肥満は犬や猫にとっても様々な病気のもとになる。ペットの体重や体形が気になるようなら、かかりつけの動物病院に相談してみてください。

初出:AERA Mook「動物病院上手な選び方 2016」一部抜粋
構成:朝日新聞社記者 太田匡彦

AERA Mook「動物病院 上手な選び方 2016」

AERA Mook「動物病院 上手な選び方 2016」とは

sippoとアエラ編集部が共同で調査した、首都圏・中部・近畿の約1,100病院の詳細な情報をまとめたムック。 各地の獣医さんを取材し、どんな基準で動物病院に向き合えばいいかも探っています。愛犬家で有名な滝川クリステルさんのインタビューや、夜間救急動物病院・大学付属動物病院についてなど、暮らしに役立つ情報をたくさん掲載しています。

University professor 大辻 一也先生 | 帝京科学大学生命環境学部 アニマルサイエンス学科教授

大手化学メーカーに所属し、人に対する脂肪の栄養を研究するなかで、ペットの肥満対策にも応用できるとペット栄養学にも研究を広げたペット栄養学の第一人者。
大手化学メーカーを退職後、2009年4月より現職。同学科は日本の大学のなかで唯一のペットフードの開発研究を行う。

sippoと一緒にごはんと健康を考えよう

油断できない ワンサー! 愛犬の健康のことが気になったら あなたの愛犬は大丈夫?本当は怖い、イヌの肥満 ”肥満の基本”を解説いたします
こちらの記事もチェック!