愛犬フォトテクニック講座

三井公一さん

新聞、雑誌カメラマンを経て、フリーランスフォトグラファーに。雑誌、広告、WEBサイト、ストックフォト、ムービー撮影などのほか、iPhonegrapher(アイフォングラファー)の先駆者として、世界的に活躍中。2010年6月には、個展『iの記憶』を開催。同年10月、スペインで開催された『iPhoneografia』に、全世界のiPhonegrapherの中から、6人のうちの1人に選ばれる。

INTERVIEW × 三井公一
iPhoneを知り尽くした三井さんが考える、iPhone撮影の魅力とは?
iPhonegrapherになったきっかけをはじめ、気になるあれこれをインタビュー!
  • iPhoneで撮り始めたきっかけは?
    僕はずっと、iPhoneの生みの親であるスティーブ・ジョブズを撮影していたんです。2007年、アップル社の展示会でiPhoneが発表された時も現場にいて、「これはすごい!」と。当時、日本ではまだ発売されていなかったけれど、すぐに買いましたね。そうして使っているうちに、カメラがおもしろいなと。iPhoneを使って撮影するようになりました。iPhoneで撮り始めたのは、早いほうだったと思います。
  • iPhoneで撮影する魅力とは?
    例えば、iPhone7 Plusは望遠と広角、2つのレンズを搭載していたりと、スペックで語れることはたくさんあります。でも、iPhoneがなにより素晴らしいのは“画づくり”。人が「いいな」「きれいだな」と思う色、明るさをアウトプットしているから、感動した時の、そのままの画が出てくるんです。しかも、難しい設定や技術は必要ナシ!カメラアプリも充実しているし、撮影中も撮影後も楽しいことが、いちばんの魅力ですね。
  • いい写真を撮るためのポイントは?
    「いいな」「きれいだな」という、小さな“気づき”を大切にすることですね。ただ「なんとなくいいな」と、全体の空気感で捉えてしまうと、なにを撮りたかったのか、わからない写真になってしまいます。「いいな」と感じたのには、理由があるはず。その部分をうまく見つけて引き出してあげると、魅力的な写真になりますよ。それは、人もクルマも風景も同じで、イヌの場合なら瞳や耳などのパーツ、筋肉の付き方、ポーズなどを意識するといいかもしれませんね。今回のモデル・きゃん太郎は、ウルウルとした瞳、ツヤのある毛並みがポイントだと思ったので、そこを引き出すように撮影しました。
PHOTO TECHNIQUES × 三井公一
撮影のポイントをおさえて、いつもとは違うアートな写真に!
『TOYOTA DOGサークル』のFacebookでおなじみ、きゃん太郎&きゃん太郎ママをモデルに、
三井さんがiPhoneを使ったフォトテクニックを伝授してくれました。
CHAPTER01 撮影の基本をおさらい
まずは、撮影時の基本のおさらいから。この2つを心がけることが、いい写真を撮るための第一歩!
  • POINT1 フラッシュは使わない
  • POINT2 光と影を意識する
CHAPTER02 お出かけ先で写真を撮る
愛犬のイキイキとした姿を撮る
テクニック01 スマホを逆さまに!犬の目線で撮影しよう!
イヌと同じ目線に下がって撮影することで、親しみのある写真に。iPhoneを含むスマホは、カメラが上についているので、逆さまに持つと、さらにローアングルになる。「イヌたちがいつも見ている世界を見られる、おすすめのテクニックです」(三井さん)
テクニック02 バーストモードで動きを撮ろう!
バーストモードとは、“連続撮影”のこと。シャッターボタンを長押ししている間、1秒あたり10コマの写真が撮影できるので、躍動感のある1枚が収められる。「決定的瞬間を撮ろうと待ち構えていても、だいたいはうまくいかないもの。バーストモードを使えば、撮影後にベストな1枚を選べます」(三井さん)
テクニック03 スローモーション動画を撮影しよう!
iPhoneの撮影モードを“スロー”にすると、実際の1/4~1/8倍速の動画が撮影できる。遊具から飛び降りたり、高くジャンプしたりと、大きな動きの時におすすめ。「高速な動きの時にどんな顔をしているのか、表情にも注目です」(三井さん)
撮影時にリアルタイムフィルターをかけてドラマティックな写真を撮ろう!
リアルタイムフィルターとは、言葉の通り、フィルターのかかった画をリアルタイムで確認できる機能のこと。カメラを起動して右上のアイコンをタップすると、画面が分割され、8種類のフィルターが適用された画が表示される。あとは、好みのフィルターを選んで撮影すればOK!また、カメラロールから編集メニューを開き、あとから加工することも可能だ。
おでかけならではの愛犬の写真を撮る
テクニック01 背景を活かして撮影しよう
背景は、シンプルにするのが鉄則。看板の文字や周囲の人、余計なものをなるべく排除して撮ると、撮りたい対象がはっきりと浮き立った写真になる。「いろいろな要素を入れすぎては、インパクトがなくなってしまいます。フレームの中には、写したいものだけを入れましょう」(三井さん)
テクニック02 iPhone7 Plusの望遠カメラで撮影しよう!
iPhone7 Plusに新しく搭載された望遠レンズで撮影すると、遠近感が圧縮され、主役がしっかりと浮き立った写真に。直線のゆがみもなく、本来のフォルム通りに撮影できる。「さらに、iPhone7 Plusに搭載された“ポートレートモード”で撮影すれば、背景をボカすことも。望遠レンズとの組み合わせで、何気なく撮った1枚もおしゃれに写ります」(三井さん)
テクニック03 小道具を上手に利用しよう
公園のすべり台やベンチなど、周辺にあるものを小道具として使うのも、写真をおもしろくするアイデアのひとつ。「特に冬は色味が少ないので、カラフルなものを入れて撮るといいですね。難しく考えずに、直感的におもしろそうだと思ったら、使ってみましょう」(三井さん)
テクニック04 露出を暗くして撮影しよう
露出をあえてマイナスに補正すると、写真が暗くなり、インパクトのある1枚に!カメラを起動して画面をタップし、黄色い枠と太陽のマークが表示された状態で、画面を下にスライドすれば、露出をマイナスに補正できる。「露出を抑えた写真は、ドラマっぽい、物語のある仕上がりに。後ろ姿を撮ることで、“これからクルマに乗って帰るんだ”という雰囲気を出しました」(三井さん)
テクニック05 撮影する愛犬や被写体の特徴を抑えよう!
人にも脚が長い、筋肉があるなど、それぞれ特徴があるように、愛犬や被写体にも特徴がある。撮影時は、その特徴を見つけて引き出すように意識しよう。例えば、お出かけ先に乗っていくクルマ。「プリウスはヘッドライトが特徴的なクルマなので、iPhone7 Plusの望遠レンズを使って、フォルムが崩れないように撮りました」(三井さん)
タイムラプス撮影で、愛犬との思い出をコミカルな動画に残そう!
長い時間撮影した動画をぎゅっと縮めて早送り再生できるのが、タイムラプス動画。カメラを起動して撮影モードを“タイムラプス”にするだけで、iPhoneが自動的に動画を作成してくれる。「愛犬と一緒に過ごした時間をコミカルな動画にできます。三脚などで固定して定点撮影してもいいですし、イヌがフレームに入るようにiPhoneを持って“おさんぽムービー”を作るのもおすすめ」(三井さん)
愛犬と一緒に写真を撮る
テクニック01 Apple Watchを使ってリモート撮影してみよう!
Apple Watchには、ペアリングしているiPhoneをリモート操作できるアプリ「リモートカメラ」が搭載されている。Apple Watchの画面でカメラのプレビューを確認できるほか、シャッターを切ることも可能。愛犬とふたりでのおでかけ時でも、ツーショットや動きのある写真が撮影できる。「iPhoneから10メートルほど離れても、シャッターが切れます。例えば、別の場所にいる愛犬の姿をこっそり撮影したり、いろいろな使い方ができますよ」(三井さん)
撮った写真を加工する
様々な加工に挑戦しよう
  • テクニック01 基本的な画像調整をやってみよう
    基本的な補正なら、iPhoneの標準アプリでも十分にできる。写真を表示させて編集アイコン、色補正アイコンを順にタップしたら、“ライト”のメニューで、露出やハイライトなどを調整しよう。「きゃん太郎ママの顔が暗く、プリウスの赤をくっきり出したかったので、露出とブリリアンス(明瞭度)を1段ずつ上げました。画像補正は、写真と自分の記憶を近づけるのが基本ですが、好みに合わせて楽しんでください!」(三井さん)
  • テクニック02 フィルターをかけてみよう
    フィルターは、簡単にひと味違った写真に仕上げられる加工テクニック。iPhoneには、8種類のプリセットフィルターが用意されているので、写真を表示させて編集アイコン、フィルターアイコンを順にタップし、イメージに合ったフィルターを選択すればOK!「フィルターをかける度に保存すれば、何通りもの加工が楽しめます。今回は、ノアール(モノクロ)を選びました」(三井さん)
  • テクニック03 余計なものを消してみよう
    有料・無料を問わず、写真の加工アプリが充実しているのもiPhoneの魅力。三井さんが愛用する加工アプリ『Snapseed』は、ユニークなフィルターが多数揃っているほか、さまざまな加工機能があり、中でも『シミ除去』は秀逸!「顔のシミはもちろんですが、イヌの体についた葉っぱやゴミ、クルマのキズなども、きれいに消せます。鑑札やクルマのナンバーなど、個人情報を消すのにも便利ですね」(三井さん)
  • 人気インスタグラマー バウ村のりこさん インタビュー編
  • 人気インスタグラマー バウ村のりこさん 実践編
おすすめ特集へ戻る