• ホーム
  • しつけの意味としつけ方 基本編 オイデ

HOW TO お出かけ時に気をつけたいこと 本当に知ってる?しつけの意味としつけ方

2. 基本編 キズナを深める5つの共通言語 愛犬とコミュニケーションをとり、キズナを深めるうえで、教えておきたいのが、オスワリ、フセ、マッテ、オイデ、ツイテの5つ。正しい教え方を知って、5つのキズナ語を完全マスターしましょう!

以下に紹介する練習を繰り返して、オスワリ、フセ、マッテ、オイデ、ツイテを、イヌとの共通言語=キズナ語にしましょう!
オスワリ、フセ、マッテ、オイデ、ツイテの5つは、イヌに何かをしてもらうときの行動の基本形になる合図です。これらができれば、愛犬に自分の近くにいてもらうことができ、それによって、愛犬を危険から守りやすくなるのです。最終的にはハンドシグナルだけ、言葉だけ、どちらでもできるのが理想です。

LESSON. KIZUNA - GO “OIDE”

オイデ

オイデは、飼い主がイヌを手元に呼び寄せたいときに役立ちます。例えば、外でリードが離れてしまったときや、公園でロングリードを使って遊んでいて他の人が通りがかったとき、愛犬に危険が迫ったときなど、愛犬の身を守るのに必須の合図の一つと言えます。ただし、オイデと言って呼び寄せた後に、シャンプーやブラッシングなど愛犬の嫌いなことをすると、オイデと言っても来なくなってしまうため、愛犬の嫌がることをするときには使わないようにしましょう。

STEP1. 誘導で教える

ごほうびを手に握って近くに来るよう誘導する

ごほうびを握った手をイヌの鼻先に持っていき、飼い主のほうに引き寄せる

近くに来たらごほうび

飼い主の足の間あたりまできたら、握った手を開いてごほうびを与える。まずは、飼い主の近くに来るといいことがあると教える

ごほうびを与えながら首輪を触る

そのままごほうびを与えながら、首輪をそっと触る。いきなり首輪を触ると逃げてしまうコもいるので、下から首に触れ、そっと首輪を触るようにしよう

STEP2. 首輪を触れるようにする

ごほうびを手に握って近くに来るよう誘導する

STEP1ができたら、ごほうびが後でも首輪を触れるようにする。ごほうびを握った手をイヌの鼻先に持っていき、飼い主のほうに引き寄せる

近くに来たら首輪を触る

飼い主の足の間あたりまできたら、首輪をそっと触る

ごほうびを与える

首輪を触ったまま、握った手を開いてごほうびを与える

STEP3. リードなしで練習する

「オイデ」と言葉の合図を出す

リードを着けてできるようになったら、家の中でリードを外して練習する。飼い主は姿勢を低くして「オイデ」と言う。イヌが飼い主のほうに寄ってくる間もほめつづける。オスワリマッテの合図を出してから「オイデ」と呼ぶと、オスワリの姿勢でもぞもぞ動くようになってしまいがちなので、オスワリマッテとオイデを一緒に練習ではしないほうがよい

近くに来たら首輪を触る

飼い主の足のギリギリ傍まできたら、首輪をやさしく触る

ごほうびを与える

首輪をやさしく触ったまま、ポケットからごほうびを出して与える。飼い主は身体を起こすようにして、直立不動で「オイデ」と言ってもできるようにする

POINT ごほうびを与えたら逃げてしまわないように!

「オイデ」と言ってせっかくイヌが近くまで来ても、ごほうびをもらったら逃げてつかまえられない、なんてことも。飼い主の足ギリギリのところまで来てからごほうびを与えること、手を伸ばしてごほうびを与えないこと(イヌが下がっていってしまう)、首輪を触る練習をすることを徹底しましょう。