HOW TO お出かけ時に気をつけたいこと 気をつけよう!イヌの熱中症

1. イヌの熱中症とは? 熱中症とは、体の熱を外に放出する体温調節の働きが充分でなくなり、体温が上昇してしまう機能障害の病気です。まずはイヌの熱中症とはどんなものなのか知っておきましょう。

HEAT STROKE 1.

イヌの熱中症ってこんな病気

とても楽しいイヌとのお出かけ。でも、人間と違って、イヌは自分から体調の悪さを伝えることができないため、飼い主が充分に気を遣ってあげることが大事です。特にお出かけの際に気を付けたいのが熱中症。
熱中症とは、体の熱を外に放出する体温調節の働きが充分でなくなり、体温が上昇してしまう機能障害の病気です。
時に命に危険が及んだり、深刻な後遺症が出たりする怖い病気で、汗をほとんどかかないイヌは、人間と違って、熱中症にかかりやすい傾向があります。イヌの熱中症は夏に限らず、どの季節にも起こり得るので、注意が必要です。

熱中症になると、どんな症状が現れるの?

ハァハァと息が上がっていたら、要注意!

初期段階

急激な体温上昇により、ハァハァと浅く速い呼吸(パンティング)が起こる。

動画を見る

それから、次第に……

目や口腔粘膜が充血して、赤色になる。ぐったりして元気がなくなる。

悪化してくると……!?

粘り気のあるよだれを垂らす。嘔吐や下痢をする。
または、一時的にふらついて倒れてしまう。筋肉の震え・けいれん発作が見られる。

POINT さらに重症になると・・・

さらに重症になると、深刻な後遺症を残したり、命に関わることもあります。
熱中症は症状が出た時点で手遅れになりかねない危険な病気です。症状が出る前から、常に気をつけてあげることが重要です。

なぜ、イヌは熱中症になりやすいの?

イヌは暑さに弱い動物なんです

1. イヌはほとんど汗をかくことができません。

人間には多数の汗腺から汗をかくことで体温調節できますが、イヌには体の中で汗をかける場所が肉球にしかありません。従って、体温を下げるためには呼吸(パンティング)に頼るしかないため、人間よりも体温調節が難しいのです。

2. イヌはいつも毛皮のコートを着ています。

当たり前のことですが、イヌは毛で覆われています。特に寒冷地で生まれた長毛種は、保温能力に長けている反面、日本の気候においては、熱の放出が困難になります。人間も夏に毛皮のコートを着ていたら暑くて我慢できないですよね。

3. イヌは人間より地面の近くにいます。

イヌは人間よりも地面に近いところにいるため、地面からの放射熱を受けやすいことも熱中症になりやすい要因です。
アスファルトの路面温度は気温よりも20℃以上高くなるといわれています。

熱中症になりやすい状況

蒸し暑い室内や車内など

イヌの熱中症の原因のトップは車内でのお留守番。エアコンをつけない熱のこもった車内では、たった数分で熱中症になる危険も……!
イヌの熱中症は夏に限らず、どの季節にも起こり得るので、注意が必要です。

気温が高い日のお散歩や外出

日陰のない場所や照り返しによる放射熱にご用心!特に夏のアスファルトの上は人間の感覚以上にイヌにとっては高温です。
また、熱い路面やマンホールのフタによるヤケドにも注意が必要です。

水分を充分に取れない環境

水分を自由に取れない状況では、体温調節が難しくなります。ドライブの時にもこまめに休憩をとって、水分補給を忘れずに。