イヌにやさしいクルマ選び・カー用品 トヨタ純正用品 体験レポート

高速道路を使っておでかけ ペットシートカバー編

S.A.での休憩中など、車内でフリーにすることも多い中型犬。トヨタ純正ペットシートカバーを使えば、快適・安全に過ごせる理由とは?中型犬&飼い主が、その使用感をレポートします!
純正用品 ペットシートカバー

シート・トリムを汚れから守るシートカバー。
内側にはすべりにくい加工が施され、
愛犬も快適に過ごせます。S・Mの2サイズ。

商品詳細はこちら
  • 体験者 山田 真弓さん ×ティアラ

    8歳のシェットランド・シープドッグ(約7.5kg)と、その飼い主。運動神経抜群のティアラは、
    現在アジリティーの特訓中。

  • クルマ アクア

    世界No.1の燃費性能を誇る、コンパクトハイブリッドカー。
    【スペック】
    5人乗り/全長3,995×全幅1,695×全高1,445(mm)
    /総排気量1.496L

REPORT: PET CARRY
体験者が発表! ペットシートカバーのおすすめポイントBEST.3 ペットシートカバーを体験したきゃん太郎ママが、飼い主目線でおすすめポイントを紹介!
  • 1.立体構造で車内が汚れにくい

    以前使っていたシートカバーは、側面がないタイプ。
    でも、このシートカバーは側面がある立体構造だから、ドアへの汚れやひっかき傷から守ってくれます。
    抜け毛がたまりがちなサイドステップも、これなら清潔に保てそうです。

  • 2.分割して使用できる

    セカンドシート全体を覆う以外にも、必要に応じてジッパーで6:4に分割して使えます。
    愛犬の隣に並んで座れると、近くにいられる安心感がありますね。
    ティアラの場合、6は余裕があり、4だとジャストサイズでした!

  • 3.アイコンタクトが取れる

    運転席側のシートカバーの一部が、メッシュ構造に。
    停車中に運転席側からティアラを確認できますし、ティアラからも運転席側が見えて、アイコンタクトが取れます。
    お互いの存在を感じられるので安心です。

COLUMN リードフックにも注目

車外にイヌをつないでおきたい時は、リードフックがおすすめ。
U字型パイプを組み合わせて装着するタイプで、クルマを動かさなくてもタイヤに装着できます。タイヤサイズを選ばず、どの車種にも使用OK!

体験者の感想 山田真弓さん×ティアラ

車内で休憩することが多いのですが、フリーにすると、どうしてもドアにひっかき傷が…。ドアを守る側面があるのは、なにより魅力ですね。ごはんやお水をあげる時も、シートカバーの上なら汚れずに安心ですし、雨の日のドライブにも活躍しそうです。

NEXT CONTENTS
  • PART1. ペットキャリー編
  • PART3. ペットフロアマット編
イヌにやさしいクルマ選び・カー用品に戻る